2020.10.03

県中学駅伝、男子滝沢南初V 女子は矢巾北連覇

男子 滝沢南の4区鈴木翔(右)が区間1位の走りで首位に立ち、5区中村凜にたすきをつなぐ=花巻市・日居城野運動公園陸上競技場
男子 滝沢南の4区鈴木翔(右)が区間1位の走りで首位に立ち、5区中村凜にたすきをつなぐ=花巻市・日居城野運動公園陸上競技場

 第35回県中学校駅伝大会は2日、花巻市の日居城野運動公園陸上競技場を発着点とする周回コースで行われ、男子(6区間、18・6キロ)は滝沢南が1時間0分6秒で初優勝を果たした。女子(5区間、12・8キロ)は矢巾北が44分37秒で2年連続2度目の頂点に立った。

 滝沢南は4位でたすきを受けた4区鈴木翔(3年)が区間1位の力走で首位に立ち、そのまま逃げ切った。2位に滝沢、3位に花巻が入った。

 矢巾北は4位でスタートした2区安ケ平優衣(3年)が区間新の快走でトップに浮上。最終5区も立花来星々(くらら)(2年)が区間新で後続を突き放した。2位に遠野、3位に下小路(盛岡)が続いた。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東北大会と全国大会は既に中止が決まっている。

 

 

 詳報は3日付岩手日報本紙をご覧ください。

 

 定期購読申し込み・ご案内

 岩手日報本紙   電子新聞