国連教育科学文化機関(ユネスコ)が、新型コロナウイルスの影響で延期した2020年の世界遺産委員会を21年6~7月に開き、21年分もまとめて審議する方向で調整に入った。21年分であり文化遺産の候補の「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田)も審査される見通しだ。政府関係者が28日に明らかにした。

 関係者によると、21カ国で構成する委員国間での意見調整を経て、来月上旬にも最終決定する。一括開催の場合、中国・福州で行われる可能性が高い。