JR東日本は27日深夜、東北新幹線仙台-盛岡間で次世代新幹線の開発に向けた新型試験車両「ALFA-X(アルファエックス)」の報道関係者試乗会を行った。現在のE5系より40キロ速い最高時速360キロでの営業運転を目指しており、試験走行では400キロに達したこともある。今回の試乗会では382キロが出た。

 ALFA-Xはトンネル進入時の騒音を低減するため1号車で約16メートル、10号車で約22メートルと長い「鼻」を持つのが特徴。午後11時40分ごろ、仙台駅を出発して徐々に加速し、28日午前0時ごろ、一ノ関駅付近で最高速度382キロを記録し、電光掲示板に表示された。