2020.10.29

生徒自慢の野菜お届け 雫石中家庭部、軽トラ市で1日販売

即売会に向けて育てたサツマイモを収穫する家庭部の生徒
即売会に向けて育てたサツマイモを収穫する家庭部の生徒

 雫石町の雫石中(藤沢崇校長、生徒372人)の家庭部(新屋和(ほのか)部長、11人)は11月1日、同町の「元祖しずくいし軽トラ市」で、6次産業化実習の一環として育てた農産物の即売会を開く。赤い羽根共同募金の寄付付き商品とし、収益は地域福祉の充実に役立てる。新型コロナウイルスの影響で活動の場が限られる中、福祉活動を合わせた新たな取り組みとして多くの協力に期待する。

 販売するのは5月から部の菜園約0・2アールで育てたサツマイモ「紅あずま」やネギなど。即売会は町中心部よしゃれ通り商店街で午前9時~午後1時。