第79回一関・盛岡間駅伝競走大会(日報駅伝)の資格審査は26日、盛岡市の岩手陸協事務局で行われ、一般22チーム、高校13チームの計35チームの出場を承認した。一般は前回と同じ顔ぶれ。高校は久慈東が初めてエントリーした。

 大会は11月23日に実施。コースは一般、高校とも国道4号がメインで前回と変わらない。一般は午前8時に一関市のJR一ノ関駅前をスタートし、盛岡市の東北銀行本店前までの11区間95・0キロ。高校は同10時半に北上市の東北銀行北上支店前を出て、同本店前までの6区間49・2キロ。

 今大会は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、開会式と表彰式は省略、一般の部で県外選手のエントリーは認めない。

 ▽一般 滝沢市 奥州市A 花巻市A 金ケ崎町 盛岡市A 北上市A 紫波郡 一関市 久慈市 二戸郡 八幡平市 奥州市B 花巻市B 盛岡市B 大船渡市 遠野市 宮古市 洋野町 下閉伊郡 北上市B 釜石市 西和賀町

 ▽高校 一関学院 盛岡大付 専大北上 盛岡市立 黒沢尻北 花巻東 千厩 花巻北 大船渡東 盛岡工 水沢工 盛岡商 久慈東