2020.10.26

海辺で秋の味ぱくり 宮古サンマまつり

焼きたてのサンマをほおばる子どもたち
焼きたてのサンマをほおばる子どもたち

 宮古サンマまつり(宮古観光文化交流協会主催)は25日、宮古市日立浜町の浄土ケ浜レストハウス前などで開かれ、潮風を浴びながら今季水揚げされた秋の味覚を楽しんだ。

 サンマお振る舞いを中止するなど規模を縮小したが、限定販売した焼きサンマ300本は完売。サンマがもらえるゲームやサンマつみれ汁などを提供する出店もにぎわった。

 サンマを準備した宮古市臨港通の須藤水産の須藤一保社長は「原価がいまだに平年の4倍近く大苦戦しているが、昔からの宮古サンマの伝統と秋にサンマを食べる文化は絶対に続いてほしい」と思いを込めた。