2020.10.25

運動会、有終刻む映像 大船渡・赤崎中、全校生徒にDVD

最後の運動会で披露された「赤中ソーラン」を撮影する秀吉十日会のメンバー
最後の運動会で披露された「赤中ソーラン」を撮影する秀吉十日会のメンバー

 盛岡市の異業種経営者でつくる「秀吉十日会」(川村真治会長)は24日、大船渡市の赤崎中(菅生裕之校長、生徒58人)で、統合前最後となる同校の運動会を撮影した。2012年から毎年行っている東日本大震災の被災地支援活動の一環で、DVDに編集して全校生徒に贈り、思い出づくりをサポートする。

 「全校生徒の顔を撮ってあげたい」。参加した同会の12人は、ビデオカメラ4台と小型無人機(ドローン)2機を持ち込み、あらゆるシーンを収めようと会場を駆け回った。