2020.10.23

熔岩パン 「焼走り」PR 平舘高、文化祭で25日限定販売

地元の障害福祉サービス事業所と共同で「熔岩パン!?」を開発した平舘高の3年生
地元の障害福祉サービス事業所と共同で「熔岩パン!?」を開発した平舘高の3年生

 八幡平市の平舘高(谷藤節雄校長、生徒163人)家政科学科コミュニティデザインコースの3年生8人は、市内の障害福祉サービス事業所と共同でオリジナルの菓子パン「熔岩(ようがん)パン!?」を開発した。同市の国の特別天然記念物「焼走り溶岩流」をモチーフにした黒いメロンパンで、24日からの同校文化祭「紫薫(しくん)祭」でお披露目。地元の観光資源を広くPRする。

 熔岩パンは直径約10センチ。県産小麦を使ったパン生地に、チョコチップ入りのクッキー生地をのせて焼き上げた。1個150円。

 紫薫祭(24、25日)は新型コロナウイルス感染症の予防対策のため、来校を生徒の家族に限定して開催。熔岩パンは25日に200個限定、20円引きの特別価格で販売する。今月末からは、市内外の産直施設4カ所でも提供する予定だ。