陸前高田市横田町 地域おこし協力隊 落(おち) 優介さん(25)

 震災の約3年後から広田町に通ってまちづくりに携わり、今年4月に移り住んだ。今は移住定住支援を行うNPO法人で空き家バンク業務や広報を担当している。震災から10年目となったが、陸前高田は復興に向けたエネルギーが弱まることなく、人々が新しいことを始めようとする前向きな雰囲気を感じる。その一翼を担う移住者を支える環境づくりも進めていきたい。