三陸鉄道(本社宮古市、中村一郎社長)は21日、経常損失6億1646万円の2020年度決算見通しを示した。

 新型コロナウイルスの影響で運賃収入が大きく落ち込み、赤字幅は1984年の開業以来最大となる見込み。県や沿線市町村からの交付金を計上しても当期損失3960万円となる想定で、遠のいた観光客の呼び戻しを急ぎ、経営安定を図る。