北上市でがん患者支援を展開するリレー・フォー・ライフ・ジャパンきたかみ実行委員会(高橋寛美委員長、約30人)は今月、同市の医療福祉をテーマにしたラジオ番組を始めた。

 新型コロナウイルス感染症対策で自粛しているチャリティー活動に代わり、病院や介護の「第一線」にいる従事者らを招いて日常生活に役立つ情報を発信。健康に関連する豆知識も織り込み、誰もが住みよいまちづくりを後押しする。

 番組は「医療と福祉の現場から」。コミュニティーFM、きたかみE&Be(いいあんべ)エフエム(88・8メガヘルツ)で、毎週月曜の午後2時20分から10分間枠。来年9月末まで1年間続ける。