2020.10.19

燃える闘牛 攻防激しく 久慈で今季初の平庭大会

巨体を躍動させ、激しく角を突き合わせる闘牛
巨体を躍動させ、激しく角を突き合わせる闘牛

 今シーズン初開催となった平庭闘牛大会もみじ場所(いわて平庭高原闘牛会主催)は18日、久慈市山形町の平庭闘牛場で行われた。20頭が角を突き合わせ、熱い攻防を繰り広げた。

 体重約400~千キロの巨体が砂煙を上げながら激突。頭をぶつけ合うたびに「ゴッ、ゴツッ」と鈍い音が会場に響き、県内外から訪れた約800人の観客は熱戦に拍手を送った。

 大会は東北唯一の闘牛で例年5~10月に4場所実施。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で3場所中止となり、最初で最後の開催となった。同闘牛会の八重桜友夫会長は「感染症対策を施し開催にこぎ着けることができた。歴史ある大会を今後も盛り上げていく」と誓った。

関連リンク