2020.10.18

花巻東、接戦制し4強 高校野球東北大会準々決勝

八戸西-花巻東 被安打3、1失点で完投した花巻東の中居=宮城県・石巻市民球場
八戸西-花巻東 被安打3、1失点で完投した花巻東の中居=宮城県・石巻市民球場

 【仙台支社】第73回秋季東北地区高校野球大会第3日は17日、宮城県の石巻市民球場などで準々決勝4試合が行われ、本県第3代表の花巻東は八戸西(青森第2)に2-1で競り勝ち、2年ぶりの4強入りを果たした。柴田(宮城第3)日大山形(山形第1)仙台育英(宮城第1)も準決勝に駒を進めた。

 花巻東は二回に菊池開斗(2年)の左越え二塁打、田代旭(1年)の左犠飛で2点を先制。相手の好投手から追加点を奪えなかったが、先発中居颯真(2年)は七回まで無安打に抑える好投。被安打3、1失点で完投して勝利に貢献した。

 第4日の18日は同球場で準決勝2試合が実施され、花巻東は第2試合(午後1時開始予定)で3年ぶりの決勝進出を懸け、仙台育英と対戦する。決勝に進めば、東北地区に2枠が与えられている来春の選抜大会出場が有力になる。

 

◇     ◇

 岩手日報社はホームページで決勝までの全試合をイニング速報します。

 

 詳報は岩手日報本紙をご覧ください。

 

 定期購読申し込み・ご案内

 岩手日報本紙   電子新聞