2020.10.16

花巻東 執念のサヨナラ 東北高校野球、一関学院初戦突破ならず

角館-花巻東 9回裏花巻東1死満塁、佐藤の左犠飛で三走平井(中央)が生還。2-1でサヨナラ勝ちを収める=仙台市民球場
角館-花巻東 9回裏花巻東1死満塁、佐藤の左犠飛で三走平井(中央)が生還。2-1でサヨナラ勝ちを収める=仙台市民球場

 【仙台支社】第73回秋季東北地区高校野球大会第2日は15日、宮城県の石巻市民、仙台市民の両球場で2回戦4試合が行われ、県勢は第3代表の花巻東(5年連続20度目)が角館(秋田第1)に2-1でサヨナラ勝ちし、2年ぶりの8強入りを果たした。

 第2代表の一関学院(2年連続17度目)は東日本国際大昌平(福島第1)に6-9で敗れ、初戦突破はならなかった。

 16日は休養日。第3日の17日は両球場で準々決勝4試合が実施される。花巻東は八戸西(青森第2)と4強を懸けて対戦する。

 

◇     ◇

 岩手日報社はホームページで決勝までの全試合をイニング速報します。

 

 詳報は岩手日報本紙をご覧ください。

 

 定期購読申し込み・ご案内

 岩手日報本紙   電子新聞