山田町は13日、同町の山田湾にある無人島の大島(通称オランダ島)でアウトドアの専門家によるテストキャンプを開始した。島の新たな観光活用策となる無人島キャンプ実現に向けた初めての試みで、14日まで滞在して意見を集め、本格的な観光客受け入れに役立てる。

 同島は海水浴場や体験学習の場として親しまれてきたが、東日本大震災で被害を受け、今年8月に海水浴場が町民限定で再開した。今月末に新たな公衆トイレが完成し、来年以降にツアー形式で一般のキャンプ客の受け入れを検討する。