達増知事は13日の記者会見で、立憲民主党県連から提訴された階猛衆院議員(岩手1区)について「(旧国民民主を)離党しながら、党のお金を使い続けるのはよくない。政治家なら自分の責任で問題を解決すべきだ」と述べ、損害賠償を求める県連側に理解を示した。

 昨年の参院選や知事選で野党共闘と距離を置いた階氏を念頭に「野党結集の運動を展開していくときに、足を引っ張られたというか。私も想定以上に選挙応援を盛んにやらなければいけなくなった」と苦言。

 その上で県連の対応について「いろんな人が迷惑を被った中の一部にお金の問題がある。(県連が)お金の問題だけに絞っているのは、かなり寛大で温情がある」との見方を示した。