奥州市水沢黒石町の黒石寺は、来年2月18、19日に予定していた同寺蘇民祭の目玉である蘇民袋争奪戦を中止することを決め、藤波大吾住職(37)らが13日、小沢昌記市長に報告した。

 藤波住職と同蘇民祭保存協力会の菅野市夫会長(80)が市役所を訪れ、新型コロナウイルス感染症を踏まえ、「3密」回避が難しいことなど中止の理由を説明した。

 恒例の裸参りや柴燈木登(ひたきのぼり)なども行わず、檀家(だんか)らを集めて五穀豊穣(ほうじょう)や疫病退散の祈願のみ行う。