JR盛岡支社(石田亨支社長)は10日、釜石線の全線開通70周年を記念し、釜石―花巻駅間で臨時列車「リゾートあすなろ」を運行した。地域の発展を支えた同線の節目を祝おうと、各駅で沿線住民が郷土芸能などで出迎えた。

 乗客は事前に募集し、花巻、遠野、住田、釜石、大槌の5市町の住民計131人を無料招待。広々とした客室や展望室が魅力のリゾート列車を満喫した。

 終点の花巻駅では、花巻市東和町の春日流落合鹿踊(ししおどり)保存会(大野五月男(さつお)会長、会員15人)が鹿踊を披露し、勇壮な踊りで列車を迎えた。