一関市の成年女子ソフトボールクラブチーム「一関クラブ」は11日、初の大会に臨む。「地元出身選手の受け皿に」と、ソフトボールが盛んな同市初のクラブチームとして昨年発足。日本女子ソフトボールリーグ3部加盟を大きな目標に掲げ、待ちに待った初陣に臨む選手らは「楽しんでプレーし、勝利を目指す」と飛躍を誓う。

 昨年7月の県民体育大会では、同クラブの選手が主体となった一関市チームが準優勝した。今年はチームの体制も整い単独での大会出場を予定していたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響でほとんどが中止に。11日に一関運動公園で開かれる一関協会長旗大会が初の試合となる。