産業人材の育成に取り組む北上川流域ものづくりネットワーク(谷村久興(ひさおき)代表、225会員)は8日、北上市北工業団地の表面処理加工業、薄衣電解工業北上工場(西谷重夫工場長)で「ものづくり体験教室in工場」を開いた。市内外の小中学生15人が参加し、葉に金メッキを施したしおり作りに挑戦した。

 西谷工場長(70)がメッキの特徴などを説明した後に挑戦。ニッケルで下地処理したヒイラギの葉を、金を溶かしたメッキ液に浸して金メッキを施した。参加者は、徐々に金色に変化する葉を興味深そうに観察しながら、メッキの過程に理解を深めた。