一関市室根町の鶏肉生産加工販売業オヤマ(小山征男社長)は、東京都渋谷区の大規模商業施設・渋谷スクランブルスクエアに唐揚げ専門店「からあげ家(や)奥州いわい」を出店した。ひなの生産・飼育から流通まで一貫して手掛ける同社の唐揚げは、ブランド鶏を秘伝のタレでつけ込み、地元で長年愛されている味。首都圏を中心に評判が高まっており、都内2店舗目の出店となった。

 昨年11月に地下2階の食品エリアにオープン。看板商品「室根からあげ」のほか、渋谷店オリジナルのシナモンの味付けや玉子とじ丼も提供。味付けはしょうゆ、ショウガ、タマネギでシンプルに。臭みを消すニンニクは使わず、後味はスッキリ。本社のある室根地域では約50年前から販売しており、創業時からの味を守っている。2018年には初開催の「からあげフェスティバルNo.1決定戦」で初代王者に輝いた。