ネイルサロン運営などを手掛けるマッシュアップ(北上市)の後藤智子社長(54)は、高齢者施設の利用者らにネイルを施す本県初の「福祉ネイリスト」として活躍している。手先を彩り、高齢者の気持ちを明るくさせ、講師として福祉ネイリスト養成にも力を注ぐ。福祉ネイリストの資格は全国的に注目が集まっており、県内でも認知度を高めるため、精力的に活動に取り組む。

 ネイルで高齢者に活力を与える福祉ネイリスト。日本保健福祉ネイリスト協会(東京都)が認定する資格で、後藤社長は2014年に本県で初めて同資格を取得。運営する盛岡市のネイルスクールなどでは講師を務め、これまでに約50人を養成。現在は県内で10人ほどが福祉ネイリストとして活動している。