県と交通各社は6日、年末年始期間(昨年12月27日~5日)の県内交通機関の利用状況をまとめた。JR盛岡支社の主要2線区(東北新幹線古川-北上駅間と秋田新幹線盛岡-田沢湖駅間)の利用者数は68万8千人で、前年度同期比1・0%増。9連休の長期休暇が可能な曜日配列だったことから、花巻空港の利用者数は国内・国際線とも増加し、就航1年5カ月を迎えた台湾便も好調だった。

 県交通政策室と航空各社によると、花巻空港の利用者数は計1万4066人(同367人増)、利用率76・7%(同3・1%増)。日本航空の大阪線が利用率7・0%増とけん引した。国際線も好調で、花巻発の台湾便利用者数は前年度同期比33・7%増の119人だった。