バレーボールの第72回全日本高校選手権(春高バレー)は5日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕し、男女各52校が頂点を争う。本県代表は男女とも初日の1回戦に登場し、男子の不来方(2年ぶり14度目)は足利大付(栃木、2年ぶり39度目)、女子の盛岡誠桜(6年連続25度目)は和歌山信愛(6年連続35度目)と対戦。開会式で不来方の中田拓斗主将(3年)が選手宣誓する。

㊧「サーブで崩してブロック」のパターンに持ち込みたい男子・不来方、㊨コンビバレーと粘り強いブロックで上位進出を狙う女子・盛岡誠桜