花巻市出身で巨人のドラフト1位、堀田賢慎投手(青森山田高)が3日、同市内の練習場で自主トレを公開し、プロ1年目の本格的なスタートを切った。

 ランニングなど軽めの練習を約1時間行った。今年の「初投げ」となるキャッチボールでは、力を抜きながら伸びのあるボールを投げ、順調な調整をうかがわせた。

 昨年11月に行われた巨人のファン感謝イベントで、エース菅野智之投手から「走り込みをしていれば大丈夫」とアドバイスを受けた。その後は毎日のように走り込んでいる。