盛岡市内丸のもりおか歴史文化館(畑中美耶子館長)は3日、同館に展示している盛岡山車の太鼓打ち体験会を開き、子どもたちが元気に太鼓の音を響かせた。

 午前と午後の2回行い、午前は親子ら15組が参加した。おそろいの法被を着て山車に乗り込み、同市の盛岡山車推進会(鈴木正男会長)の会員の指導を受けた。

 参加者は「歩き太鼓」と「二ツマッチャ」と呼ばれる基本的な打ち方を体験。複雑なリズムに戸惑いながらも、掛け声でタイミングを確認しながら音をそろえ、会員による音頭上げで新春を祝って締めくくった。