本県オリジナルの国産サバ缶詰「サヴァ缶」の第4弾「アクアパッツァ風」と第5弾「ブラックペッパー味」が完成し30日、盛岡市内のホテルでお披露目された。2013年9月の発売から累計販売数700万個を突破した大ヒット商品。東日本大震災からの三陸の水産業復興を目指して始まった事業が成長を続けている。発売は2月14日。

 アクアパッツァ風は魚介エキスと4種のハーブのうま味が調和した、白ワインに合うやさしい味わい。ブラックペッパー味はコクのあるオニオンソテーとスパイスが効き、ビールのおつまみにも最適の一品だ。

 パッケージの色は、アクアパッツァ風が地中海ブルー、ブラックペッパー味が黒で、これまで発売された3品と合わせて東京五輪の年にふさわしい五輪カラーがそろった。ともに1個170グラム入りで、税抜き380円。