盛岡市薮川の岩洞湖で29日、氷上ワカサギ釣りが解禁された。釣り客約740人が集まり、久々の手応えを楽しんだ。同日の同市薮川は、朝方までの最低気温が氷点下1・3度(平年比13・3度高)と4月中旬並み。未明から降った雪は夜明けにはみぞれや雨に変わり、釣り客はテントで風雨をしのいでいた。

 岩洞湖漁協によると今季はワカサギの成育状態が良く、10センチを超えるものが例年より多い。解禁は昨年より5日遅く、記録が残る1998年以降2番目に遅かった。