一般財団法人日本アムウェイ財団(東京、※(とう)嘉楓(かふう)代表理事)が陸前高田市高田町に整備した交流施設「陸前高田アムウェイハウスまちの縁側」が完成し、26日にオープニングセレモニーを行った。障害者によるカフェや子育て支援施設、高齢者の生活相談窓口、観光案内所が入居。気仙杉をふんだんに使い、気仙大工の伝統工法で仕上げた新施設が多様な交流を育む。

 新施設はJR陸前高田駅西側の敷地約1800平方メートルに整備した。市と入居団体が管理する。市観光物産協会と市社会福祉協議会のくらし応援窓口は27日、子育て支援を手掛けるNPO法人きらりんきっずは29日に開所。障害者就労支援施設あすなろホームの「はぴなろカフェ」は2月1日に開店する。

※は「にんべん」に「冬」