県交通(本田一彦社長)は23日、釜石市と大槌町で運行する路線バスの位置情報の確認と、経路検索をスマートフォンでできるサービスを始めた。同社の既存の「経路・時刻・運賃検索サービス」を充実させ、住民の利便性向上と観光客利用の充実を図る。同社は釜石エリアの状況を検証しながら、盛岡市などでも路線限定で導入できないか検討を進める。

 同社によると、民間事業者の同様のサービス導入は県内で初めて。スマートフォンやパソコンで同社ホームページで経路などを検索すると、ページの下方に表示される「バス予報」から、到着までの時間とバスの現在地をリアルタイムで確認できる仕組みだ。