2020.01.24

阪神大震災被災者の心のケアの先駆者で、2…

 阪神大震災被災者の心のケアの先駆者で、2000年に39歳で死去した安克昌(あんかつまさ)医師のことを知ったのは、東日本大震災被災地の支援に訪れたトラウマ(心的外傷)ケアの専門家からだった

◇    ◇

 電子新聞「岩手日報デジタル版」のサービス開始に伴い、論説と風土計の無料公開は終了しました。岩手日報本紙と電子新聞の定期購読は、下記のページから申し込みができます。今後もご愛読をお願いします。

 

 定期購読申し込み・ご案内

 岩手日報本紙  電子新聞