北上市の北上消防署(菅浩城署長)は23日、同市立花のみちのく民俗村で消防訓練を行い、26日の文化財防火デーを前に施設職員らが防火意識を高めた。

 民俗村と、隣接する北上市立博物館の職員ら約30人が参加。民俗村内の国指定重要文化財、旧菅野家住宅からの出火を想定し、通報や消火器による初期消火、消火栓にホースをつないだ放水を行った。電気火災についての講義や両施設の立ち入り検査も実施した。