大相撲初場所11日目(22日・両国国技館)盛岡市出身で東十両4枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、東5枚目の若隆景を押し出して3連勝。7勝4敗とし7場所ぶりの勝ち越しに王手をかけた。

 錦木は若隆景の右腕を抱え込み、相手の動きを止めた。一呼吸置いて押していき、肩透かしに前へ落ちたが、先に相手が土俵を割っており、軍配差し違えで白星を得た。 12日目は東6枚目の大奄美と対戦する。