盛岡市大沢川原の専門学校盛岡カレッジオブビジネス(工藤昌雄校長、学生174人)は22日、盛岡市盛岡駅前北通のホテルメトロポリタン盛岡ニューウイングで学生オリジナルのカクテルコンペティションを初めて開き、プロの前でアイデアを競った。

 ホテルビジネス科の2年生12人が参加し、考案したノンアルコールカクテルを1人ずつ実演して提供。審査員の同ホテル料飲宴会部責任者らにテーマや工夫を解説し、味や技術について審査を受けた。

 最優秀賞に輝いた増子萌菜(もな)さん(20)の「春の訪れ」はクランベリージュースの酸味で余寒を、ピーチジュースとライチシロップの甘みで早春のぬくもりを表現したロングカクテル。2月1日~3月31日に同ホテル内のダイニングバー「ジョバンニ」で提供される。