一関市田村町の世嬉(せき)の一酒造(佐藤航社長)は、2月3日の節分を見据え、恵方巻きを模したビールを限定販売している。

 同社が展開するいわて蔵ビールのクラフトビール金蔵(きんくら)と、のりとすしに見立てたシールを1セットにして「まさかの恵方巻ビール」の商品名で販売。ビールの側面と底面にそれぞれシールを貼ると完成する。

 金蔵1本(350ミリリットル)とシールを合わせて360円(税別)。同社直売所とホームページで2月4日まで販売する。問い合わせは世嬉の一酒造(0191・21・1144)へ。