奥州市江刺の若手飲食店経営者らは、グルメラリー「激アツ江刺」を初めて企画した。江刺地域の25店が参加し、25日から1カ月間、江刺牛と江刺りんごを活用した期間限定メニューなどを提供。地元特選食材や店の魅力を伝える。

 参加店のうち、約半数が5年以内の創業。パイの形にも趣向を凝らしたカフェ店「はーでぃ・がーでぃ」(飯森千加店主)=江刺中町=の「林檎(りんご)を食べるアップルパイ」(同650円)や江刺牛を使ったハンバーガー店「GROW(グロウ)」(菊地良太店主)=江刺六日町=の「激アツ江刺バーガー」(同2200円)など個性光る特別メニューも。菊地店主(33)は「まずはそれぞれの店の料理と雰囲気を楽しんでほしい」と期待する。

 問い合わせは奥州商工会議所江刺支所(0197・35・2514)へ。