大相撲初場所6日目(17日・両国国技館)盛岡市出身で東十両4枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、西筆頭の千代翔馬を小手投げで下し、4勝目(2敗)を挙げた。

 錦木は相手の右変化にバランスを崩し、もろ差しを許すも抱えてこらえる。左を巻き替えたところで、寄ってくる千代翔馬をタイミングよく右小手投げで転がした。

 7日目は中入り後に東前頭15枚目の東龍と対戦する。