2020.01.18

膨らむ原発費用 問われる将来性の判断

 原発に関する費用が膨れている。再稼働には安全対策強化の大きな費用がかかり、廃炉が決まっても相当額の維持費を要するためだ。再生可能エネルギーなどと比較した発電コストの優位性に疑問符が付く中、運営は厳しさを増している。電力業界は今後、どのように展開するのか。将来性の判断が問われる。

◇    ◇

 電子新聞「岩手日報デジタル版」のサービス開始に伴い、論説と風土計の無料公開は終了しました。岩手日報本紙と電子新聞の定期購読は、下記のページから申し込みができます。今後もご愛読をお願いします。

 

 定期購読申し込み・ご案内

 岩手日報本紙  電子新聞