12日にスイスのローザンヌなどで行われた第3回冬季ユース五輪第4日で、スピードスケート女子500メートルで3位に入った吉田雪乃(盛岡工高2年)は、今大会の日本勢メダル第1号。「目標としていたメダルを獲得できてうれしい。最後まで諦めずに滑り切ることができた」と喜んだ。

 序盤は「ちょっと遅かった」というが、「バックストレートでしっかりと伸びを出すことができた」と納得顔だった。最近の急成長を国際舞台で示したメダルに「ユース五輪で獲得できたのは糧になる」と自信をつかんだようだった。

(共同)