県は2020年度、世界遺産の橋野鉄鉱山(釜石市)を核とした「文化遺産ネットワーク」の構築に乗り出す。中国地方と並んで鉄の二大産地とされる本県の製鉄遺跡や展示施設など関連10カ所を登録し、近代製鉄に至る長い歴史文化を結び付けて一体の資源として発信と活用を図る。将来的には「平泉」と「縄文」のネットワーク化も進め、世界遺産登録の波及効果を全県に広げる。