大相撲初場所初日(12日・両国国技館)盛岡市出身で東十両4枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は西4枚目の水戸龍を寄り切りで下し、白星スタートとなった。

 錦木の完勝だった。立ち合いで頭から鋭く当たり、すぐに右を差す。左右ともまわしに手がかからなかったが、構わず前進。腰の重い水戸龍を棒立ちにさせ、何もさせずに寄り切った。

 2日目は東3枚目の大翔丸と対戦する。