2020.01.12

「一年を二十日で暮らすいい男」とは力士を…

 「一年を二十日で暮らすいい男」とは力士をうたった古川柳。江戸時代は年2場所で興行は各10日だけだった。現行の年6場所、15日制に比べると、だいぶ少ないが、地方巡業や大名の御用もあって川柳ほど楽ではなかったらしい

◇    ◇

 電子新聞「岩手日報デジタル版」のサービス開始に伴い、論説と風土計の無料公開は終了しました。岩手日報本紙と電子新聞の定期購読は、下記のページから申し込みができます。今後もご愛読をお願いします。

 

 定期購読申し込み・ご案内

 岩手日報本紙  電子新聞