いわて盛岡シティマラソン実行委(会長・谷藤裕明盛岡市長)は10日、第2回大会を10月25日に開催すると決めた。種目は昨年10月の初開催と同じくフルマラソン(42・195キロ)など3種目で、岩手大を出発して市中央公園などをゴールとするコースはほぼ同じ見込み。1万人規模の参加を想定し、3月中旬からエントリーを受け付ける。

 種目はフルマラソン(県民優先枠2千人、一般枠5千人)のほか、10・4キロのファンラン(定員2500人)、2・5キロのペアラン(同300組600人)。参加料はそれぞれ9500円、5千円、3500円。ファンランのコースは安全性の見直しで前回より1・6キロ延ばし、人気のペアランは定員を50組増やした。