県国公立幼稚園・こども園協議会(今野充雅会長、46園)は9日、花巻市内のホテルで2019年度の教育研究大会を開いた。昨年10月に幼児教育・保育の無償化が実施され、幼児教育への関心が高まる中、現場の教諭ら約170人が参加。近年重視される小学校教育への接続の課題などを共有し、人格形成の基礎となる幼児教育の質の向上へ認識を深めた。

 幼児教育を巡っては、小中高に先立ち18年度から新幼稚園教育要領などが全面実施され、幼児の主体的な活動を促すことが求められている。参加者は▽遊びを通した深い学び▽家庭や地域との連携▽小学校教育への接続-の三つの分科会ごとに議論した。