県内外から大勢の初詣客が訪れる盛岡市八幡町の盛岡八幡宮(藤原隆麿宮司)の公式ホームページ(HP)が不正アクセスを受け、改ざんされる被害に遭ったことが31日、分かった。盛岡東署によると、個人情報の入力を促す別サイトにつながるよう改ざんされた。同神社はHPを復旧した上で一時休止とした。

 同署によると、被害は12月30日夕、「盛岡八幡宮のサイトを開くと変なサイトにつながる」などと一般人の同署への通報で発覚。「iPhone(アイフォーン)が当たりました」などと表示され、個人情報の入力を促すページにつながった。