盛岡市の進学塾M進(龍沢正美社長)は30日から4日間の日程で、受験生を対象とした「超克特訓」を開講した。中学と高校受験を控えた約300人が、気の緩みがちな年末年始に苦手分野を克服するべく、勉学に励んでいる。

 同市大沢川原の盛岡本校のほか、北上校と一関校で実施。受講生は5教科ごとに弱点を克服する演習や面接試験の指導を受け、来年3月6日の県立高一般入試などを見据えた。