雫石町長山の花工房らら倶楽部(くらぶ)の植物棟でブドウの「巨峰」の実が色づき始め、施設は訪れた人たちに無料で振る舞っている。

 ブドウ棚は約35平方メートル。レジ回りの日よけ対策として植物棟の開設時から育てている。買い物客は青黒い実を選んで食べては、「とても甘い」と笑顔。

 試食用ではないがバナナの木も実をつけ、今後は食べられる植物をさらに増やす予定。色とりどりの花をめでながら、まずは秋の味覚をご賞味あれ。