マリナーズの菊池雄星(花巻東高)はバランス良く球種を織り交ぜて好投した。唯一の失点は六回、ブレグマンに浴びた同点ソロ。内角のスライダーを左翼に運ばれ「あれを持っていくのがアストロズ打線の中軸。相手バッターが上」とさばさば話した。

 リーグ屈指の強力打線には過去2度の対戦で痛い目に遭っていた。「球自体はだいぶ良くなっている。少し自信にしてもいいのかな」と前向きな言葉が続いた。サービス監督は「質の高い打線にリラックスして投げていた」と評価した。

(ヒューストン共同)