4番に入って打点を荒稼ぎし、チームを勝利に導いた。エンゼルスの大谷翔平(花巻東高)は復調をアピールし「ちょっとずつだけど良くなっているなとは思っているし、そう信じたい」と手応えを語った。

 一回に先制の2点二塁打を放つと、同点の三回には外角高めを豪快に左翼に運び、勝ち越しの3ラン。実に58打席ぶりの一発となった。

 四回は右前打の直後に二盗を決め、5打点と盗塁をマークした初の日本選手となった。サイクル安打にあとは三塁打とし「本当に一打席一打席という感じ」と臨んで今季2度目の快記録はならなかったものの、攻撃の中心になった。

 今季、顕著な逆方向のアーチで「いい感じの本塁打だった。やっぱり打ち心地。何となく振る前から行くんじゃないかなという感じがあるかどうか」と言う。「打てないと打席に行くのも嫌になる」数日前の心境は脱したようだ。

(シカゴ共同=松下裕一)