第40回石鳥谷まつり(実行委主催)は8日、花巻市石鳥谷町の中心商店街で3日間の日程で始まった。戦国武将などを模した迫力ある南部流山車やみこしが町内を練り歩き、多くの人たちの目を引いている。

 初日は同町好地の石鳥谷熊野神社から、地元の小学生による武者行列やみこしが出発。続いて中組、上若連、上和町組、西組、下組の五つの山車が、威勢の良い掛け声と太鼓の音を響かせた。

 9日は山車とみこしが町内を自由運行する。10日は山車とみこしのパレードのほか、午後1時半から同町好地のお祭り広場で、男性約30人が400メートルを一斉に走り順位を競う福男イベントが行われる。同日は午後0時50分から同9時まで中心商店街が車両通行止めとなる。